名執デンタルオフィスは、予防治療・歯周病治療・インプラント治療・審美歯科・矯正歯科など、皆様のお口の健康を全般にわたりサポートします。

インプラント治療 失った歯を取り戻す

インプラントとは

インプラント治療は、虫歯や外傷、歯周病などにより、歯根ごと歯を失ってしまった部位に対し、外科的に人工の歯の植立を行うものです。その歴史はすでに40年を超え、確実性の高い歯科治療として世界中で広く受け入れられています。
手術は通常の治療で使用している局所麻酔を用い、約40分~1時間程度で終了します。インプラント治療の手術後の痛みや腫れはほとんどありません。

現在、短期的なインプラント治療の成功率は、ほぼ100%と言えるでしょう。しかし、長期的には脱落してしまう症例も未だ報告されております。末永くインプラントをご使用頂くためには、戦略的な治療プランと患者様ご自身のインプラントへのご理解が重要です。

当院では、院長の大学病院インプラント科勤務や留学での経験、さらに現役の大学病院インプラント科勤務医との連携により、科学的・機能的かつ審美的に分析した術前診査と治療計画、そして術後のお手入れや定期検査などの患者様へのご説明等、長期間にわたる成功を収めるために、努力を惜しまず徹底して行います。

新しい歯を手にいれて、新しい人生を

当院使用のインプラントの特徴

昨今インプラント治療は世界的にもポピュラーとなり、治療の第一選択となりつつあります。それに伴ってインプラントメーカーも雨後の筍のように乱立している状態です。

基本的にインプラント治療は、ある一定の期間さえ良ければ成功というものではありません。一度治療したら、後は歯の代わりとなって末永くご使用して頂くものです。

当院の院長が1年間研究留学していた、ノースカロライナ大学 骨生物・インプラント研究室では、Dr.Cooper教授が世界3大インプラントメーカーの1つ、アストラ社の顧問Drを務め、世界のインプラントをリードする研究、発表を続けております。当院では信頼と実績のある、アストラ社のシステムを使用しておりますのでご安心下さい。

アストラテックの詳細サイトへ

アストラテックインプラントシステム

ページTOPへ △

なぜインプラントか?

隣接している数本の歯によって支える部分義歯

歯を削って装着するブリッジ

入れ歯(部分入れ歯)の治療をした場合に比べて、インプラントは固定式なため、毎日の取り外しや清掃のわずらわしさが無くまた歯を失う前と同じようにしっかり噛むことができるので、美味しくお食事をして頂けます。また入れ歯を使用している時に気になる口臭や、入れ歯特有の装着時や発音時の違和感がありません。

入れ歯では他の歯にバネをかけるため、入れ歯の周囲の歯に負担がかかることで歯肉がやせてしまい、結果的に残っている歯の寿命を縮めてしまいます。

また同じ固定式のブリッジと比較した場合、噛み合わせ、装着感、発音などにほとんど差はありません。しかしながらブリッジの最大の欠点は、抜けた歯の前後の歯を大きく削らなければいけないことです。たとえ全く虫歯の無いきれいな歯だったとしてもです。インプラント治療では周囲の歯を削る必要が全くありません。このような場合がインプラントのもっとも大きな特徴を活かせる症例とも言えるでしょう。

ページTOPへ △

医療費控除について

家族で合計して、1年間に10万円を超える医療費がかかった場合、確定申告を行うことで一定金額の所得控除を受けることにより、税金が減税(還付)される制度です。
確定申告を行うことで住民税も軽減されます。

家族の範囲はどこまで?

本人、配偶者、子ども、孫、両親、祖父母、兄弟姉妹などです。ただし、生計を共にしていた家族に限ります。扶養家族ではない共働きのの夫婦や、学生である子どもや田舎の両親に仕送りしている場合も、生計を共にしているので医療費を合計して申告できます。

1年間に10万円とは?

1月1日~12月31日までの期間に、実際に支払っ た医療費が家族で合算して10万円を超えた場合を指します。出産育児一時金、高額介護サービス費等の支給を受けた場合、医療保険の入院給付金等を受けた場合は、それらを差し引いた後の金額で判断します。

医療費控除の対象

病気の治療のためにお医者さんでかかった費用、薬局などで薬を購入した費用が対象となります。通院・入院のために親が付きそった場合の交通費も対象です。

年間医療費と収入による概算減額(還付)金額

病気の治療のためにお医者さんでかかった費用、薬局などで薬を購入した費用が対象となります。通院・入院のために親が付きそった場合の交通費も対象です。

年間収入 450万 600万 750万 1,200万 2,100万
年間医療費 20万円 15,000 20,000 30,000 33,000 43,000
40万円 45,000 60,000 90,000 99,000 129,000
60万円 75,000 100,000 150,000 165,000 215,000
80万円 105,000 140,000 210,000 231,000 301,000
100万円 135,000 180,000 270,000 297,000 387,000

One Point

  • 確定申告は、5年前までにさかのぼって還付を受けることが可能です。
    申告を忘れていた方や医療費が、控除対象になることを知らなかった方は、申告をお勧めします。
  • 年をまたいで分割で医療費を支払うより、1年間支払った方が還付金が多くなる場合があります。
  • 自由診療(保険外治療)も医療費控除の対象となりますので、
    確定申告をすることで治療費を抑えることが可能です。
医療費控除になります。
  • インプラントの費用
  • 自由診療による治療費
    (金歯、金冠、メタルボンド冠、
    セラミックスクラウンなど)
  • 虫歯や歯周病(歯槽膿漏)の治療費
  • 親知らずの抜歯
  • 入れ歯の費用
  • 発育段階にある子どもの歯並びの矯正
  • 成人の噛み合わせ改善治療の矯正
  • 歯科ローンにより支払った治療費
  • 通院、入院のための電車、バス、タクシー代
  • 幼い子どものために親が付き添って
    通院した場合の交通費
  • 薬局で購入した歯痛止めなどの医薬品
医療費控除になりません
  • 歯を白くするためのホワイトニング治療
  • 歯科ローンの金利、手数料など
  • 通院時に自家用車を使用した場合の
    駐車料金、ガソリン代

ページTOPへ △

名執デンタルオフィスは、審美・インプラント・予防歯科・歯周病・矯正など、歯科治療全般にわたり皆様のお口の健康をサポートします。

名執デンタルオフィス:Natori dental office

NEWS

各種カード取扱